top

  • 熱交換コイル式太陽熱温水器(FUJI-IS)は自然循環式(FUJI-IN)とヒートパイプ式(FUJI-IP)の利点を活かしつつ、コストを抑えた水道直圧タイプです。
  • 水道圧を利用してお湯を押し出しますので現在ご使用の水道直圧タイプの給湯器に接続することで、いままでどおりシャワー、湯張りなどに使えます。
  • 水道直圧タイプがいいけど、導入コストは抑えたい方におすすめです。
  • 1,真空管

  • 従来のフラットパネル式よりも週熱効率の高い真空管式を採用しています。
  • 真空管は魔法瓶の原理で外気温に影響されず、吸収した熱エネルギーを閉じ込めて外に逃がしません。
  • また、FUJISOL の真空管には太陽エネルギーを最大限に吸収する特殊な三層コーティングをしています。
  • この2つの高い技術による要素が、これまでにない高い集熱効率を実現させています。
  • 2,冬場でも高いパフォーマンス

  • 真空管は魔法瓶の原理で、吸収した熱エネルギーを閉じ込めて外に逃がしません。
  • 外気温が低い冬場でも高いパフォーマンスを発揮します。
  • 3,構造

  • 熱交換コイル式(FUJI-IS)はヒートパイプ式(FUJI-IP)と異なり、真空管の中に水を入れ直接的に温めます。
  • 貯湯タンクは空気が出入りする開放式のため、水圧をかけることはできない構造になっていますがタンク内のお湯は使用しません。実際に使うお湯は熱交換コイルの中を通過します。
  • 水道水は30mの熱交換コイルを通過する間にタンク内のお湯と熱交換し、お湯になって出てきます。
  • まさに瞬間湯わかし器と同様の構造です。
  • 4,水道直結で衛生的

  • 水道直結式のため水圧が必要な給湯やシャワーに利用できます。
  • また、熱交換コイル内は空気が入らない密閉構造のため温水はとても衛生的です。
  • タンクは高密度な発泡ウレタンを使い、十分な厚みで保温されているので冬場の外気温による温度低下もわずかです。

  • 5,地上設置が可能

  • FUJI-ISは水道の圧力を利用するので屋根に設置できるのはもちろんのこと、庭などの地上スペースに設置することもできます。
  • 6,給湯器に接続可能

  • 市販の温水混合器(ミキシングバルブ)を使用することで簡単に現在ご利用のガス給湯器に接続が可能です。
  • 接続方法についてはお気軽にご相談ください。
  • 制御器S-3PHのはたらき

  • 貯湯タンク内の温水はオーバーフロー部から蒸発し、少しづつ減っていきます。
  • 水位位が熱交換コイルより下がると熱交換量が低下します。
  • これを防止するためにタンク内の水位が下がると電磁弁が開きタンク内に給水し満水状態を維持します。
  • 7,昇温温度

  • 熱交換コイル式太陽熱温水器(FUJI-IS)は目安として晴天日の朝から夕方までに30℃から最大で40℃程タンク内の水が昇温します。
  • FUJI-ISは外気温による熱損失が非常に少ないため、この昇温温度は夏場でも冬場でもほぼ変動がありません。到達温度は水道水+昇温温度となります。
  • (例1)夏場 水道水の温度:25℃+昇温温度:35℃=到達温度60℃
  • (例2)冬場 水道水の温度:10℃+昇温温度:35℃=到達温度45℃ 
  •    ※水道水の温度、昇温温度は地域や設置角度等の条件により変動します。
  •    ※到達温度は日中にタンク内のお湯を使用していない条件
  • 8,設置例

    9,規格・仕様

    10,カタログ・工事取扱説明書ダウンロード

    カタログ

    商品販売ページ(弊社商品販売サイトリンク)